Home絶対階級学園>絶対階級学園 加地壱波感想

絶対階級学園 加地壱波感想

2017.01.08 Sun

軽くて、モテて、可愛い女の子大好き~という、よくいるキャラクター……なんかもうこういう爽やか系ちゃら男を見るとコイツ絶対腹黒いんだろ?って思う病気にかかってしまっていてな……。
こいつはいつ豹変するんだろうとわくわくしながらプレイしていました。

絶対階級学園

※このプレイ日記はネタバレと愛ある悪口が多分に含まれています


薔薇ルートは、なんか、アレ?って思ってるうちに終わってしまった……w
乙女ゲーの基本姿勢として、まあとりあえず両思いにはなると思ってたので、まさか攻略対象の気持ちが一切主人公に向かないまま終わるとは思ってなくてw
薔薇階級になり、壱波との距離を感じるようになった主人公は、摩耶子とレイの助言という名の毒を受け、そうだ壱波も薔薇階級にしちゃえばいいんだと思うように。
ピエロになるのは嫌だという壱波を無理やり薔薇階級オンリーの舞踏会に使用人として連れて行き、最初は楽しく踊るも、陸のせいで結局けちょんけちょんにされる壱波。
流れで主人公から告白するも、有耶無耶な関係性のまま進み、壱波は女遊びをやめず、主人公の一方的な愛情だけを薔薇の権力で押し付け続け、壱波は冷めた目のまま……エンディング!!!
ば、薔薇グッド……グッドエンド!?!?
あ、新しいwww
薔薇ルート、全然恋愛しないまま終わってしまったぞwww
薔薇バッドは、壱波より摩耶子のほうが何倍もインパクトあったなあ。
あなたが石ころ落ちすると私が困るから死んでくれと言って笑顔でナイフ渡してくる摩耶子、怖すぎる!
薔薇ルートのちょっとしか出てこないのに、摩耶子のキョーレツなキャラクターがほんとすごいな……w

石ころルートは、うーん……w
主人公が石ころ落ちした途端、当然のように掌を返す壱波。ここまではわかってたのですが、掌返しから改心までが長い長いw
人目のないところでは今までと同じように接してくれるようにはなるけど、他の人に見られたら即態度変えるのがほんと受け入れられなかった!
だって 「プリント運ぶの手伝ってあげる」→人がくる→「石ころめ、邪魔なんだよ!」(主人公突き飛ばす)→主人公青あざできるレベルに壁にぶつかる だよ?
いやーこれは受け入れられないw
しかもその場は立ち去って後で保健室に様子見に来るだけっていうね。
最後の最後で改心はするけども、そこまでがクズ過ぎて。
しかも、突き抜けたクズじゃなくて、クズさが小物なんだよね! モブ系のクズさなんですよ。
わたし結構クズキャラ好きで、壱波にも期待してたんだけど、クズはクズでもモブ小物系クズだったので、全く愛せずに終わってしまいましたw
主人公は「優しい壱波君を信じる」と言い続ける健気さを見せるも、全く共感できず……w

石ころグッドは、気持ちを改めた壱波が石ころの主人公やレジスタンスの十矢とも気兼ねなく話すようになるエンド。
石ころバッドは、女といちゃついてる壱波にたまたま事故で階段から落とされ、そのまま死んでしまったり無理心中したり。

薔薇ルートは双方酷かったけど、石ころルートは壱波が酷すぎる。
どこがいいんだ! いいから十矢にしとけ! って何回思ったことかw
突き抜けたクズキャラならまだよかったんだけどなあ。
ただ演劇への姿勢は真面目なようで、そこはすごく好感持てましたね。そこだけは……w
妹への愛情は、う~ん……石ころエンドの最後を見るに、なんかやばそう? 記憶に蓋をしてるっぽい気がしました。十矢もだったけど、これ攻略対象全員記憶喪失(多分同じ過去?)で頭痛持ちなのかね。宗教団体エデンとかが関係してるのだろうか。
謎は面白いですね!

というとで次は初の薔薇階級、陸です! 馬鹿殿期待!!!

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokochia.blog28.fc2.com/tb.php/461-37e79892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)