FC2ブログ
Homeスポンサー広告吉原彼岸花 久遠の契り>吉原彼岸花 久遠の契り 大月忍 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉原彼岸花 久遠の契り 大月忍 感想

2018.01.20 Sat

忍さん優しくてとってもいいんだけど、ハッピーエンドだけだときっと心に残らなかったろうな……。
バッドエンドがまじで心に染みたルートでした。

bannerc150x150c.jpg

ネタバレがっつりありです!



金払いも人当たりもいいが、最後には酔って寝てしまい、決して閨を共にはしない馴染みの忍。
今までも転々と店を変えていて、どの遊女とも同じようにしていた様子。
実は忍は下戸で、水を酒のように飲み、酔って寝たふりをしていた。
というのも、忍はさる大尽と、桜華屋に以前いたお職の間に生まれた子であり、度々母に会いに来ていた忍は、郭遊びをすると落ち着くのだそう。
そして二人はなんやかんやあって相思相愛に。
忍の父は忍のほかに正妻との間にも一人息子(忍にとっては腹違いの弟)がいるのだが、まだ幼く、体も弱い。そのため、忍本人にはそのつもりはないのだが、周囲が忍の跡目に期待している節もあり、正妻からは目の敵にされ、度々襲われている。
ある時主人公は正妻に浚われ、殺されそうになる。間一髪間に合うが、その後忍は弟の成人まで正式に跡取りとなる事となり、主人公は身を引く。
数年後、無事年季をあけた主人公が大門から出ると、弟に跡目を継いだ忍が迎えにきており、ハッピーエンド。

忍は人間関係がちょっとややこしいのであらすじが長くなってしまったw よくあるお家騒動というやつですね。病弱な正妻の息子と、よく出来た妾の息子(こっちが主人公サイド)、跡目争いが起きないように凡愚なふりをする……というどこかで見たことあるパターン! でも、王道でよかったと思います。
朔夜ルートよりは各エピソードのぶつ切り感がなかったのもよかった!
終始優しいので、物足りなくはあったけどw
お見舞いに来てくれて折り紙をしてくれたり、主人公のために蛍を捕まえてきてくれたり、どちらかというと、主人公が忍に惚れちゃうのわかるなぁって感じの話運びでした。

バッドエンドは2つ。
弟が死んでしまい、そのまま主人公は跡目を継いだ忍の妾になり離れで一人暮らす。
忍は優しくしてくれるが、体の弱い本妻と、その間に出来た息子のことも可愛がっており、また忙しいためなかなか主人公には会いに来られない。
息子が時折主人公のもとに遊びに来るようになるのだが、池に手を伸ばす息子を見て、今背中を押して殺してしまえば事故に見せかけて殺すことが出来る、とふと考えてしまう。体が弱いという本妻は心を病んで亡くなるかもしれず、そうすれば、何もかもを失った忍はまた自分だけのものになるかもしれない……と、背中を見つめたままエンド。
もうひとつは、忍と別れた主人公が、誰が父親とも知れない子を孕むのだが、その子供が忍自身だと思い込み気が狂ってしまっているエンド。

1つめのバッドエンドがとにかく染みた
多分忍の主人公への愛情も本物なんだろうけど、本妻と息子のことも形は違えど愛してしまっていて、主人公もそれをわかっているんだけど、でもどうしようもなく嫉妬に身を焦がし……という、ほんと妾ならではな葛藤がすんごくよかった。いやよくはないんだけどw ああ~そうだよなぁ、わかるわかるって感じで。
誰が悪いわけでもないんだけど、みんな苦しんでいて、でもどうすることもできないほんとどうしようもない状況。
狂気の淵にいて、あの後背中を押すのか押さないのか……押しても押さなくても主人公はドツボなんだよなぁと思うと切なさがすごかったです。
すごく心に残りました。後味は悪いですけどねw

テーマ:乙女ゲー - ジャンル:ゲーム

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokochia.blog28.fc2.com/tb.php/482-740dffeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。