FC2ブログ
Homeスポンサー広告ゲーム感想>Horizon Zero Dawn

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Horizon Zero Dawn

2018.07.03 Tue



大災厄に襲われ、かつての文明が失われ動物の姿を模した機械たちに支配された世界を舞台に、 熟練ハンター「アーロイ」が、古の遺物や謎に満ちた建造物が点在するオープンワールドを探索し 忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かすアクションRPG。

5.gif

最近当たりばっかりなので、点数高いゲームばっかになってきてますねw
いいことなんですが!


<システム・グラフィック>
オープンワールドアクションRPGです。
こういったゲームには珍しく(多分)、戦闘が弓主体なのが特徴的。
わたしはエイム(照準あわせ)が無茶苦茶苦手なので(FPS系もそれで敬遠してたりするw)、プレイするまではホライゾンも「弓かぁ~↓」って感じだったのですが、やってみるとなんとかなる!
最初こそ全く当たらなくてなんやねんってキレそうでしたが、やれば慣れるものですw
基本的に隠れて立ち回ることが多いので、本当に「狩り」っぽさがある。
最悪近接武器の槍を振り回してれば何とかなりますし、とりあえず「敵に当たればOK」な爆弾もあるので安心
そもそも猛攻に遭ったら弓なんて構えてる暇はない!w

戦闘はそこそこ難しいと思いますが、難易度がいつでも好きに変えられるので、いざとなったら簡単なのにすればよく、詰まることはないと思います!
わたしは意地でNormalクリアしましたがw

しかし、DLCの敵は強すぎてびっくりしましたw
特にDLCのラスボスは尋常でないHPと攻撃力で、削っても削っても終わる気がしなくて、アイテムが枯渇しかけた……!
というか本編中は中盤~終盤なんでもかんでも資源が駄々あまりだったのですが、DLC以降は逆にガンガン資源を使うようになるので常にカツカツで、オカネで資源を買ってましたw
ここはちょっとバランスが極端なのかな~って感じたかな。

マップの作りこみも素晴らしく、気になるポイントを見つけて「ちょっとそこまで」とついつい足を伸ばすのが止まらない。ゼルダもそうでしたけど、いいオープンワールドゲームってのはフィールドをいくら歩いていても飽きないものなのですね。
ランドマークの配置の仕方が絶妙で、やめ時が見つからない面白さ。
広いですがショートカットも簡易かつ充実していて、移動が大変便利なのも◎。
特殊なアイテム「フォーカス」を使っての探索もとても面白かったです。特にフォーカスを使って証拠を集めたり、足跡をたどるクエスト系が好きで好きで!

デトロイトに引き続き、グラフィックは最高。またかって感じですいませんw
最近流行の「高度な文明の滅びた後」のゲームなので、廃墟やら、大自然の風景やら、森×機械獣の歪さやら、とにかく全てが美しく。

そのままでも綺麗なのですが、フォトモードという写真を撮る専用のモードが素晴らしい
一時期ツイッターをはじめとしたネット界隈で有名になったのでご存知の方も多いかと思いますが、好きな角度、大きさで撮影できるのみならず、多様なエフェクトもあり、時間もいじれて、主人公のオンオフから、ポーズから、表情から……
カスタマイズ度がすごく高いので、スクショ撮影がはかどってはかどってw
絶景を探したり、ふと見かけた美しい景色を切り取ったり、これだけでも無茶苦茶楽しめました。
DgDHrKYUYAAVeJv.jpg DgDHrKXUYAAa05D.jpg DgDHrKeV4AAPWG5.jpg
というわけでお気に入りを何枚か貼り付けてみたり。わたしのセンスではこの程度が限界ですが、センスある人ならもっとすんばらしいスクショが撮れるはず!

アイテム周りがかなり不便なのがマイナス。特に資源に関して。
持てる総数が異様に少ないため、整理しても整理してもすぐに満タンになり、整理整理また整理となってしまうのが唯一大きな苦痛でしたが、そのくらいかな。
なんでMAXが1枠25個とかなんだ! おかしいだろ!w


<シナリオ・キャラクター>
上でも少し書きましたが、最近流行の「高度な文明の滅びた後」を描いたゲーム
高度な文明が滅びた後、人々は、何故か地上を闊歩している「機械獣」を狩り、そこから得られる道具を使って原始時代のような生活を送っている。
主人公「アーロイ」は辺境の部族の一員ですが、母がおらず、「異端児」として除け者にされている。
そんなアーロイがハンターとして機械獣を狩りながら、「何故かつての文明は滅びたのか」「母のいない自分は一体何者なのか」等、世界の謎を解き明かしていくといったストーリーです。

話そのものは割と定番中の定番なので、ハズさないよなって感じですね。
ベタなストーリーですが、過去に何があったのか少しずつ明かされていく過程や、世界中にちりばめられた過去のよすがを集めて見るのが面白く、最後まで飽きずに楽しむ事ができました。
中盤はちょっとダレますが、真相に近づき始めてからは夢中! クライマックスまでの盛り上がりが素晴らしかったです。
サブクエをこなすことでエンディングに影響が出るところも良かった。
アーロイが暮らす時代の独特な文化やシャーマニズムと機械の一体化、部族間抗争なんかもうまく取り入れられていて、すごく魅力的な世界でした。
個人的にはDLC「凍てついた大地」のシナリオがすごく好き

主人公のアーロイは「異端児」として特にシナリオ当初ではかなり迫害されているのですが、返しがいちいち強気なのが面白いw
酷いことを言われても、アーロイはなんて返すんだろうって思うと全然気になりませんでしたね。いい主人公でした!
途中からフォーカスに連絡が来る「謎の男」のつかず離れず感や敵なのか味方なのかわからない不気味さもよかった。
翻訳が多少硬くて言い回しが変なときがありますが、そこまで気にはならず。

むちゃくちゃいい! というわけではないですが、しっかりしていて良シナリオだったと思います。個人的に、タイトルをネタとして回収してくれるのがツボ。


昨年ゼルダとGotYを競ったゲームですが、それも頷ける出来のゲームでした。
わたしは当時ゼルダに夢中でこのゲームは完全にスルーしてたのですが、今回勧めてもらってプレイできて本当に良かったです! オススメしてくれた人に圧倒的感謝。
そもそもわたしは洋ゲーやオープンワールドはあんまり好きじゃない(と言うか、馴染みがなくて手を出しづらいと思っている)のですが、近作はグラフィックもとっつきやすく、システムもほぼ完成されている&シナリオもしっかりしているので、洋ゲーやオープンワールドの初心者にもオススメできると思います!

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokochia.blog28.fc2.com/tb.php/509-a969df1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。